症状別育毛剤

育毛剤は種類がたくさんあるため、一体どの育毛剤を選べばいいのか分からなくなります。
また、薄毛にも色々な種類があります。
前が薄いか登頂部なのか。
この部位によっても、体内に不足している成分が異なるわけなです。
自分の症状の改善に合った育毛剤を選んでみませんか。
もしかしたら効果が変わってくるかもしれません。
薄毛の原因として考えられるのが、血行不良と男性ホルモン過多です。
今日はこの2つについてを見ていきましょう。

血行不良の多くの場合、後頭部辺りが薄毛になります。
体内には血流が流れていますが、頭皮にも同じように血が通っています。
血行不良は、肩こり、むくみなど身体への健康被害をもたらしますが、頭皮ににも影響をもたらしそれが、発毛を鈍らせる結果となります。
この場合、育毛剤には、ミノキシジル成分が含まれているとより効果がでやすいでしょう。
この成分は、血管を拡張させる成分が含まれているため、血行促進をもたらします。

次に男性ホルモンが多い場合、前頭部が薄毛になります。
男性ホルモンの成分にテストステロンがあるのですが、これと酵素が結合することで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの変化型の成分が作られていまします。
これが、発毛細胞の働きを弱めてしまい、脱毛となるのです。
この場合には、男性ホルモンを抑制させるフィナステリド成分が多く含まれる育毛剤を使うと効果的なのです。
このように症状により原因が異なります。
知ってしまうともしかしたらあなたは、原因とは違うアプローチをしていたかも、ということが分かるかもしれませんね。